なんとなくマンガ紹介

ぐーたら日記

がらくた小屋
掲示板
音楽のページ
競馬データベース
漫画のページ


2004 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 11 |
2006 | 01 |
人気blogランキング

2004-06-28-Mon最近読んだマンガ

安達哲「バカ姉弟」

 たまにヤングマガジンに載ってるマンガ。1話4ページ月2回程度の連載でいつの間にやらコミックスが3冊も出ていた。値段が高いのが玉に傷。

 とても「お天気お姉さん」と同じ作者とは思えないほどほのぼのしたマンガ。

2004-06-20-Sun最近マンガを読んで思ったこと色々

椎名高志HPの近況報告を見て

 「暗号名はBF」の作者である田中保左奈が椎名高志関係者であるらしいことを知る。たぶん元アシスタントかな?

「こわしや我門 1」のあとがきを見て

 作者の藤木俊が草葉道輝のアシスタントということは知っていたが、「ファンタジスタ」終了に伴い草葉先生アシスタントをそのまま引き継いでいたらしい。そりゃ絵もそっくりになるよな。

「金色のガッシュ 16」を読んで

 サンデーで初めて読んでウルウルしたのと同じシーンでまたウルウルしてしまう。「ガッシュ」や「からくり」「うしとら」は何気に感動してしまうポイント多し。

からくりサーカス

 サンデー次号では壮絶なことになりそうな予感。おそらく、それをやるために殊更黒賀村での幸せな生活を描いていたんだろう。

2004-06-18-Fri主人公の影が薄いマンガ

大暮維人「天上天下」

 なにせ主人公が2年くらい活躍しなかったりする(笑)

麻宮騎亜「コンパイラ」

 あまりにも影が薄いんで途中(一応続編という形はとっているが)で主役が替わった。その交代した主役もライバルに取って代わられ・・・

八神ひろき「DEAR BOYS ACTⅡ」

 ACTⅡになる前は哀川大活躍だったのに、他のメンバーがあまりにも成長してしまったため出番が減ってしまった。

河合克敏「帯をギュッとね!」

 いつの間にやら国内屈指の選手になった主人公だが、周りのキャラが濃すぎるためか柔道以外でなんら見せ場がないためか1,2回目の人気投票では1位を獲れず・・・(3回目でようやく1位)

2004-06-16-Wed火事になったときに持ち出すマンガ

 友達が出してくれたお題。

藤崎聖人「」(全3巻)

理由:再入手が困難だから(笑)

2004-06-12-Sat読むと嫌な気分になれるマンガ

そんなもの紹介してどうするんだという気もするが・・・

新井理恵「タカハシくん優柔不断」

 主人公と、主人公の周りをうろつく女の子自分勝手な思考に読んでいて本当にイライラしてくる。ヒロインはひたすら耐えるのみ。最後にようやく幸せになれたらしい。

 すっきりしたのはヒロインが主人公に対してキレた場面と結末のみ。精神状態がよろしくないときにはあまり読まないほうがいいマンガ(というかいつ読み返すことがあるのだろう?)

2004-06-10-Thuちょっと前によく読んだマンガ

小手川ゆあ「ARCANA」

・霊と会話

・霊を人に見せる

・瞬間移動

・テレパシー

が出来る少女まき(仮)にいろんな人が振り回されながらも事件を解決していくお話。

 小手川ゆあマンガの中で一番好きな作品。

竹田エリ「私立T女子学園」

 ほのぼの絵柄と適度な毒気がいい味出してる4コママンガ。

関崎俊三「ああ探偵事務所」

 コスプレ探偵妻木と、妻木の奇行に振り回される人たちのお話。

 今度ドラマになるらしい。

技来静也「拳闘暗黒伝セスタス」

 素手でフル装備の剣闘士に圧勝する化け物打倒を目指す師弟のお話。

森恒二「ホーリーランド」

 引きこもりの少年が「ヤンキー狩り」と恐れられる存在になっていく。

 このマンガには作者の実体験がどれくらい入っているのだろう?

みずしな孝之「戦え!アナウンサー」

 ネタにするたびに作者のアナウンサー友達が減ったとか減らないとか。

みずしな孝之「幕張サボテンキャンパス」

 作者曰く「こんなに長く続くのならもうちょっと考えてて名前つければよかった」

よしだみほ「馬なり1ハロン劇場」

 爆裂キャラなオグリキャップ、馬車に乗って登場(馬なのに)するシンボリルドルフ、すごくいい奴なトウカイテイオー、棍棒を持って記録をぶち壊すライスシャワー、男好きダンスパートナー、鞍上に話題をすべてさらわれるマヤノトップガン、実は腹黒いスペシャルウィーク、子供が勝たないと噛み付きに来る(笑)サンデーサイレンス様などが活躍するマンガ。

 近年のブームはブロコレ。

こいずみまり「ねこまんが」

 竹書房社長が会議で「コレ売れるんじゃない?」と発言したらしい。

北条司「エンゼルハート」

 某掲示板に「槇村香さん死亡」って書かれていたのを見て「CITY HUNTER」のパラレルワールドだということを知った。

井上雄彦「バガボンド」

 1年くらい主役未登場だった(入れ替わった?)

久米田康治「かってに改蔵」

 WEBサンデーの日記復活しないかな・・・

2004-06-09-Wed最近よく読むマンガその2

田辺イエロウ「結界師」

 最近始まったサンデーの連載の中でいちばん注目しているマンガ

モリタイシいでじゅう

 最近やっと柔道マンガっぽくなった?

松江名俊「史上最強の弟子ケンイチ」

 今のところ史上最強なのは師匠たち・・・

藤崎聖人「WILDLIFE」

 連載が続くにしたがって絶対音感を活かす機会が減っていくような・・・

皆川亮二「D-LIVE

 特殊能力を駆使して難易度の高い任務をこなしているのに薄給でこき使われている幸薄い高校生の物語。

ていうかサンデーの連載ばっかだな・・・

2004-06-08-Tue最近よく読むマンガ

こいずみまり「LET IT BE!!」

 こいずみまり初の長編作品。全3巻で手軽に読めてしまうので気がつけば毎月1回は必ず読んでいる。発売から結構時間が経っているので今更といえば今更だが。

 この話は後日談で、作者の脳内には前の話も大筋で出来上がっているらしい。「死ぬまでに描けたらいーなー」とのことなので発表を気長に待っている。

川原正敏「海皇記」

 代表作修羅の門」に負けず劣らず面白い作品。まったく関係がないわけでもなさそうだし・・・作者の商船高等専門学校時代の経験が遺憾なく発揮された?マンガ

 歴史ものが好きな人にお勧め。時代設定は中世を思わせるのに、なぜか未来のお話。「カガク」が失われた力として登場する。

小林尽School Rumble

 1年間という期限付きで連載が始まった(ような気がする)マンガだが、いつの間にやら2年くらい経過。

 播磨を筆頭に徐々に脇役達がいい味を出し始めることで面白さが増してきたのだが、反比例して主人公の影がどんどん薄くなっていく・・・

2004 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 11 |
2006 | 01 |

人気blogランキング